収益物件を購入する時に、現地で無意識に行っていること

2017-03-26

投資物件ばかり、扱っている私が無意識に現場を見た時に何をしているか?

 

自問自答してみました。

 

①道路の幅を確認しております。

基本的に共同住宅の場合は、4Mの道路に4M接道してなければなりません。

突き当りの場合は2Mでいい場合もありますが・・

道路

この道路が4Mなければ、セットバックが必要になるんだ!

そう気付きます。

 

②植木、電線などの空中越境が無いかを確認します。

建物の周囲から、どんな線がどこに行っているかの確認をしております。

電線植木

 

③外壁を指で触ります。

指に塗装が付けば、塗り替え時期と判断します。

ただ実際に外壁リフォームをするとは限りません。

IMG_5942

満室であれば、建物的にはやった方がよくても、やらない選択も有りだと思います。

空室が多くなった時に、外壁を綺麗にして募集するケースの方がいいかなと思ってます。

 

 

④外壁のクラック(ひび割れ)を確認します。

見つけた場合は、どの位の幅なのか?深さも確認します。

深さは、シャープペンの芯をカチカチして、止まるまでやれば深さが分かります。

IMG_5940

 

⑤浄化槽であれば、モーターが動いているのかふんずけてみます。

浄化槽

こいつを触れて振動していれば、動いている。

浄化槽は土の中に埋まっているのですが、

そこにエアーを送る機械になります。

 

振動していなければ交換が必要です。

交換費用は3万程度です。

 

⑥入居しているかの確認でガスメーターが開いているか確認します。

ガスメーター

この〇印のトコが配管に対して横になっていたら、

ガスは開いとりません。

写真の状態はガスは止まっている状態です。

 

レントロールとガスメータで入居を確認します。

 

それとガスが都市ガスなのか?LPなのか?

LPガスであればガス会社も確認しております。

ガスボンベ

このボンベを見ればどこか分かります。

オーナーさんは、LPガスの方がいい場合があります。

 

 

⑦基礎のクラック(ひび割れ)を確認します。

基礎

クラックが多い場合は、建築士に相談しましょう。

不動産屋は建築には詳しくない人が多いので!

 

 

こんなことが体に染みついております。

これらは、ほんの一部です。

 

まだまだ見た方がいい箇所は沢山あります。

 

そんな本当に建物の見方をレポートにまとめてみました。

ご希望の方は、『本当にいい建物の見方』頂戴!って言って下さい。

 

基本的には、知っている方限定のサービスです。

まだ富士企画メンバーと面識のない方は、

一度富士企画までお越しくださいませ(^O^)/

 

社内にはコピーが用意してますので、

プレゼントさせていただきます。

 

仕事帰りの遅い時間でも

仕事前の早い時間でも

もちろん土日でもいつでもどうぞ(^O^)/

hdr_soudan_btn

IMG_5330

こんな僕らが全力で対応させていただきます。

 

不動産投資専門家に相談する違い感じて下さいませ。

 

〒160-0004
新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6階 富士企画株式会社
TEL:03-6380-6780  FAX:03-6380-6783 mail:info@fuji-plan.net

『不動産投資専門サイト』 https://www.fuji-plan.net/
『収益不動産売却サイト』 http://www.fuji-baikyaku.net/
『投資物件賃貸管理サイト』 http://www.fuji-kanri.net/