投資物件を売却する時の注意点!

2023-12-30

投資物件を売却する時に高く売れたらいいなーって考えるのが普通だと思うんですが

高く売れることより、トラブルにならずちゃんと物件を引き渡すということに意識をして下さい。

売ったあとに、それ聞いてなかった…なんて話にならないようにしなければなりません。

 

ご自身が投資物件を買う時は、色々と気になる事があれば

当然色々と尋ねると思うんです。

売主になるとそれを伝えなければならない立場になるんです。

 

高く売却出来ればいいや!だけではうっかり伝え忘れてしまい

トラブルになるケースがありますので注意してください。

 

間に仲介会社というプロの不動産会社が入るから大丈夫だろう!

なんて思っていても、仲介会社にも色々なレベルの会社がありますからね。

 

まず、大前提として一般住宅と投資物件は入居者いたりするので

同じ不動産の取引でも確認する作業が色々と異なってくるんです。

 

一番気を付けなければならないのが、投資目的でもある収入に関する部分です。

一般的に保証会社がついていて、万が一滞納があったとしても

オーナーさんには保証会社が立替手て支払ってくれるので

 

滞納がない!物件だと仲介会社に伝えると思うんです。

慣れてないと、管理報告書にもその辺りのことも書かれてないし、

売主さんも滞納なしと言うからそう買主さんに伝えることがあるんです。

 

ここで実は滞納していて、保証会社が立替ていたというケースが結構あるんですよーーー

そしてこの辺りの情報はちゃんと保証会社に確認しないと分からないことが多いんです。

このひと手間をしないと、買主さんからは聞いてないと言われます。

 

昔は連帯保証人だったのが、今はオーナーさんの滞納リスクを回避する為に

一般的に保証会社を利用するというのが通常なんです。

この保証会社が当たり前の様になってきているから

 

このトラブルが多くなって来てるんです。

そしてこのトラブルが多いからと知っている仲介会社さんが間に入っていれば

なにも心配しなくても平気なんです!

 

これが大手とか中小とかそんあ規模の話でなく

慣れているのかどうかだけの話なんです。

 

同じ宅建業者でも色々と得意不得意んがあると知っておいてくださいませ。

 

僕らはそんな投資物件を専門に取り扱っている会社なので

なにを買主さんに伝えなければならないとか、

僕らにとっては日常のことなので特別とは思ってませんが

 

慣れてない仲介会社と共同仲介をすると細かすぎると言われる感じです。

この細かいがトラブルを未然に防いでいるだけの話なんです。

高く売却出来た方がいいのは当然そう思ってますが

 

それ以上に正しい情報を正しく買主さんに伝えるという事もしなければなりません。

不動産専門の富士企画だからこそ僕らには出来るサポートがありますので

売却をお考えの方はどうぞご利用下さいませ。

 

一応会社は冬休みなので、営業は実家に帰ったりどっかにリフレッシュしているかもなので

具体的な話は休み明けになるかもですが、

お気軽にご相談下さいませ。

 

年始は1月8日からは通常営業しておりますので

https://www.fuji-plan.net/mendan/

購入も売却も不動産投資の事であれば上記リンクからどうぞ

 

不動産専門の富士企画だから出来るお手伝いをさせて頂きます。

このブログは会社が休みでも関係なく更新しますので(^O^)/

 

 

〒160-0004
新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6階 富士企画株式会社
TEL:03-6380-6780 FAX:03-6380-6783
Mail:info@fuji-plan.net

『不動産投資専門サイト』 https://www.fuji-plan.net/
『収益不動産売却サイト』 http://www.fuji-baikyaku.net/
『投資物件賃貸管理サイト』 http://www.fuji-kanri.net/