暗くなってから投資物件を見るときの注意点

2016-02-12

投資物件を購入する人は、基本的には現場を確認していると思います。

今は便利になってストリートビューでも確認は出来ますが、

そんな写真や、暗くなってから現場を見るときの注意点があります。

 

そもそも、明るい時に見ればいいんですが、

いい物件は足が速いので、基本的には即日現場を確認しなければなりません。

 

なので、夜に現場に行くこともよくあります。

 

その暗くなった時に現場を見ると

外壁の汚れなどが見えなくなります。

 

当たり前ですが、暗いので見えません。

ある程度照明がついていて明るくても・・

太陽の光の下で見るのと、全然違ってきます。

 

真っ暗な中で投資物件を見て、

後日、太陽の下で確認すると

 

『あれ?こんななに汚かったのか?』

 

そう思う現場に何度も出会っております。

 

写真も同じです。

修正しているとは思いませんが、

小さな汚れは見えなくなります。

 

だから現場はちゃんと確認した方がいいんです( ̄▽ ̄)

 

ついでに現地で確認することは、

枝とかの木が隣地に越境してないか?されてないか?

 

敷地周りを見るといいですね。

 

空中も確認してください。

高圧線が上空を走っていることもあります。

 

それと道路の幅(幅員)ですね。

基本的に道路の幅(幅員)は、4Mなければなりません。

 

現況が3Mとかの4Mなければその足りない分

建物立替時に道路交代(セットバック)をしなければなりません。

 

この後退の中心は、道路中心からのケースが多いですが、

どちらかの一方後退のケースもありますので、注意して下さい。

 

現場を見た時に、あれ?

4Mないかも?と感じた場合は、

セットバックにより、有功の敷地面積が減ると思って下さい。

 

現場を見なければ分かることがあるので、

投資物件を購入時は現場を見るようにしてください( ̄▽ ̄)

 

本日は、朝7時にお客さんが来られました。

一緒にモーニングコーヒーを飲みながら、

色々とお話しを致しました。

 

夜は忙しくてね・・・

 

そんな人の為に、やってますよ!!

 

朝6時でも、いいですし( ̄▽ ̄)

時間がない人のため、頑張っている人のために

我々スタッフも頑張って起きます<(`^´)>

 

突然だと寝ているので、事前にご連絡下さいませ。

 

富士企画では、失敗しないための

不動産投資のアドバイスを全力でしております。

 

どうぞお気軽にご相談くださいませ。

ドブロック

hdr_soudan_btn

スタッフ一同心よりお待ちしております( ̄▽ ̄)

 

〒160-0004
新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6階 富士企画株式会社
TEL:03-6380-6780  FAX:03-6380-6783 mail:info@fuji-plan.net

『不動産投資専門サイト』 https://www.fuji-plan.net/
『収益不動産売却サイト』 http://www.fuji-baikyaku.net/
『投資物件賃貸管理サイト』 http://www.fuji-kanri.net/