本当にいい収益物件の見分け方

2014-11-08

収益物件を選ぶ時ってどうやって選んでますか?

利回り、立地、構造、評価、などなど総合的に選んでいると思います。

 

お客様と一緒に現場を見ていると、

汚い物件は、お客様が抱く印象は悪く

綺麗な物件は、逆に印象はいいです。

 

綺麗=いい

汚い=だめ

 

こんな感じで判断してませんか?

 

こんな判断は間違いだと思います。

 

では、建物のどこを見たらいいのか?

 

これは、私の持論なんですが・・・

 

私が以前建築業界にて、材木意外の商品を現場に納めていた時の経験を基に気づいた事です。

 

当時、建築屋さんから現場の見積もりが入ります。

そうると、現場に合わせ色々な商品を打ち合わせしながら選んで行きます。

流し台、洗面台、お風呂、外壁、床、ドア、などなど沢山の商品を打ち合わせをして選びます。

 

でも、現場毎に予算がありますので、予算内で選らばなければなりません。

 

そうやって現場一棟が仕上がっていました。

 

そんな中で、一切打ち合わせをしない商品が実はあるのです!

 

だーれも気にしない商品です。

 

それは、予算があればいい感じの商品が入って

予算がなければ安い商品を入れてました。

 

これらの商品は、私が勝手に判断していました。

ポイントは予算があるか、ないかだけです!

 

物を売る営業マンだったので、少しでも高い商品を現場に入れたかったですが、

予算があるので、現場にあった商品しか入れる事が出来ませんでした。

 

そんな誰も気にしない商品が

換気扇の外に付いている排気カバーです。

ステンレスアルミベンドキャップ

一般的にはこの3種類しかありません。

左から材質がステンレス、アルミ、プラスチックです。

 

アパートや家を建築する時にこんな商品を打ち合わせした人は過去1人もいませんでした。

予算があればステンレス、予算がなければプラスチックを私が勝手に決めて納めておりました。

 

大切なのは、誰も気にしないと言う点です。

 

お施主さんも、建築屋さんも、入居者もです。

 

収益物件なので、入居が付かないと意味がありません。

でも、排気カバーがプラスチックだからここはちょっと・・・なんて話はありません!

 

安い商品を入れても、構造上問題もありません!

入居率にもなんの影響もありません!

 

そんなところを見ると、建築当時予算が合ったんではないか?

ここに安い商品が入っているから、予算がなかったのかな?

なんて、想像じながら見て行った方がいいと思います。

 

そんな話をレポートに纏めてみました!

002

10ページ位ですが、他ではこんな話は聞いた事がありません!

 

そんな『本当にいい収益物件の見方』をお話致します。

11月15日(土)13時30分から富士企画内で行います。

 

当日は金融機関さんもいらしてくれます。

 

2部構成で、私と銀行さんで『不動産投資の話』をさせて頂きます。

今の金融業界の話も含め、今後の不動産投資業界の話などもしてくれると思います。

 

もちろん、収益物件を専門に取り扱っているから出来る

未公開の物件情報ご用意してお待ちしておりあす。

 

お時間の合う方はどうぞお気軽にご参加下さいませ(^O^)/

http://www.kenbiya.com/seminar/8646uam

ご希望の方はこちらからお申込み下さいませ!

 

きっといいお話が出来ると思います。

 

〒160-0004
新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6階
富士企画株式会社
TEL:03-6380-6780  FAX:03-6380-6781
mail:info@fuji-plan.net
『不動産投資専門サイト』https://www.fuji-plan.net/
『収益不動産売却サイト』http://www.fuji-baikyaku.net/