富士企画 書籍のご案内

万年赤字物件を驚異の高値で売る方法

単行本(ソフトカバー) ¥1,620(税込)

読者の声

30代 投資初心者の男性

初心者の私にとっては「買った物件は売れないのではないだろうか?」
というリスクが付いて回るのですが、、価値を下げず、売り時を見抜く方法が細かく書いてありますので大変参考になりました。

Amazon読者レビューはこちら

目指せ! ミリオンセラー

書店でも販売しておりますのでぜひぜひチェックください!!

目次内容

1.毎月赤字の不良物件。売るに売れない不動産オーナーたち

  • 不動産投資で得られるはずの収入が入らない現実 ……16
  • 目先のキャッシュフローにだまされてしまう不動産オーナーたち ……17
  • 物件売却においては、高属性の人ほど注意が必要 ……18
  • 相場は長期的には下降の一途をたどる ……20
  • 新築住宅建設ラッシュの陰で、空室率は上昇を続けている ……22
  • 高く売るために、満室を偽装する業者も存在する ……25
  • 物件価格は購入時が最高値 ……26
  • 経年劣化により収益はどんどん落ちていく ……29
  • 収益を圧迫する修繕費① ファミリータイプのRCマンション
  • 収益を圧迫する修繕費② ワンルーム単身者向け物件 ……34
  • 収益を圧迫する修繕費③ 遠隔地の物件 ……36
  • 先々を見据えた物件購入&管理ができなければ、売却時に泣きを見る ……38
  • イールドギャップ6%以下は、破綻率が上昇する ……41
  • 管理会社選びの失敗が、傷を深くする ……44
  • 崩れた需給バランスは戻らない ……47
  • 昭和築の物件は売りにくくなる ……48
  • 含み損に気付きながらも、売却に踏み切れない不動産オーナーたち ……49
  • 売却を他人事と捉えて、チャンスを逃す人は多い ……5

2.価格査定は大半〝いい加減〟。準備不足で売り急げば大損必至

  • 「一括査定」の提示額通りに売れる保証はない ……58
  • 「大手は安心」は神話に過ぎない ……
  • 「免許番号」を見れば、優良な不動産業者を見極められる? ……64
  • 買取再販業者への売却には、注意が必要 ……66
  • 売却価格が妥当なのか、判断するのは売主

3.立地、築年数、劣化度合い……。物件の状況・程度別出口戦略

  • 出口戦略で、不動産投資の成否が決まる ……74
  • 物件の状況・程度を正しく把握することが第一歩 ……76
  • 現状を正しく見極めるポイント① 所有年数 ……77
  • 現状を正しく見極めるポイント② 築年数 ……80
  • 現状を正しく見極めるポイント③ 入居率 ……82
  • 現状を正しく見極めるポイント④ 建物の状態 ……
  • 現状を正しく見極めるポイント⑤ 収支バランス ……88
  • 現状を正しく見極めるポイント⑥ 融資条件 ……90
  • COLUMN使える経費、減価償却費とは? ……95
  • 売却における融資の考え方 ……98
  • 買主の心情を見抜くターゲット分析 ……101
  • どんな買主がいるのか① 不動産投資家 ……104
  • どんな買主がいるのか② 地主 ……105
  • どんな買主がいるのか② 一般法人 ……106
  • 高値売却の実現をサポートする不動産会社の選び方 ……108
  • 業者選びは「コンペ」で決める ……110
  • 専任? 一般? 失敗しない媒介契約の結び方 ……112
  • キャッシュでの売却が期待できる物件 ……115
  • 実需にも投資家にも売れる、戸建て賃貸 ……117
  • 過去の売却事例にまどわされない ……119
  • 物件への過度な「愛着」は捨てる ……
  • 売却の目標を設定し、覚悟を決める

万年赤字物件を驚異の高値で売る方法

単行本(ソフトカバー) ¥1,620(税込)